福島でも葬儀の傾向が昔とはちがう - 福島でも葬儀の傾向が昔とはちがう

福島でも葬儀の傾向が昔とはちがう

subpage01

以前では福島でも大きな葬儀が立派とされていましたが、ここ数年で変わってきています。


もちろん立派なものではありますが、大きな葬儀を希望する人が少なくなってきたというものです。


自分の葬儀はこうしてもらいたいということを、生前から家族に伝えている人が増え、それは家族だけで見送ってほしいと願う人が多くなったことなのです。

福島で葬儀情報を集めたサイトです。

家族葬を希望する人は、葬儀に費用をかけたくないことや、あわただしく見送ってほしくないと考えているようで、見送る家族も本人も、家族との時間をゆっくり過ごしたいと思っているのです。



一般葬のように弔問客を招くことは、対応に失礼のないように時間をかけなければなりません。



それがないだけで時間の余裕が生まれ、故人との最期のお別れが悔いなくできるのです。

また高齢の方にとっては、社会から離れて時間が経っていることが多いため、お招きするような友人知人が減っているなどで、家族に見送られるだけで十分と思っている人も少なくありません。福島でも高齢者は多く、家族葬で見送ることが増えてきました。小さなお葬式であっても、心のこもったお別れができることで、家族にとっても悔いを残すことがないようです。

福島の葬儀社でも、いろいろなプランが用意されていて、通常必要な項目が含まれています。見積もりの段階で、追加する項目があれば追加料金もわかり、それ以上追加料金が発生することのないプランになっているようです。

初めて喪主となった方でも、お迎えから火葬まで安心して任せることができます。