福島でも葬儀の傾向が昔とはちがう

茨城での葬儀には独自の慣習があります

subpage01

人生の最後の儀式である葬儀には、地域によってそれぞれの慣習があります。

茨城で葬儀を知るならこのサイトです。

茨城県でもその例に洩れず、一部の地域では葬儀の直前までは仏式で営み、本葬となると神葬式で挙げる、ところもあるのです。ですから、たとえば枕飾りなどは仏式と神式では異なっていますので、正しいやり方を確認しながら準備することが求められます。

また、撒き銭という慣習も茨城県独自のものと言えましょう。
県の一部の地域で見られる慣習ですが、出棺のときに半紙に小銭をくるんだものを参列者にばら撒くことをやっているのです。



この撒き銭を拾うと故人と同じように長く生きることができるので縁起がいいとされています。


昨今では厳禁ではなくて、キャンデーやキャラメルなど100円ぐらいのお菓子を配ったりするバリエーションもあります。


これも茨城の一部の地域に残っていますが、七日ざらしというものがあります。故人が日常的に着ていた衣服を、家の裏に北の方向に向けて干す、というものです。このとき、干している衣服に水をかけて常時湿っている状態にしておくことが求められます。


いわれは明確ではありませんが、神道で言うところの穢れを清めるといった発想から生じた風習であるとの説もあります。



さらに、出棺に際して、あるいは出棺のあと、葬儀を行った部屋で竹ざるを転がし、それを箒で庭に掃き出すというしきたりもあります。
ざるころがしと呼ばれているものです。

ざるは漏れが多いところに着目し、よくないことをざるの目から追い払う、との趣旨があるとされています。

葬儀を身に付けよう

subpage02

不幸というものは急におこる事で、いろいろと大変な事があります。福島で葬儀に参列するといった時に様々な事で困ったことがある方もいるのではないでしょうか。...

NEXT

葬儀の話

subpage03

福島県は古くからひらけた地方で、会津藩や福島藩など地域が細かく区切られていた時代があります。そのためそれぞれの土地によって葬儀の風習が異なる場合が見られます。...

NEXT

葬儀の身になる知識

subpage04

高齢化社会である日本では、各家庭が後々の事を考えて様々なことを用意するために知識を得ようとしています。昔であれば縁起でもないと言われてしまいますが、今の時代は下準備して慌てないようにすること、知らないために費用がかなり掛かってしまったという事がないようにするために、知識を得たいという家庭が増えているのです。...

NEXT

難しくない葬儀

subpage04

以前では福島でも大きな葬儀が立派とされていましたが、ここ数年で変わってきています。もちろん立派なものではありますが、大きな葬儀を希望する人が少なくなってきたというものです。...

NEXT