航空レーザー計測の特徴とは

航空レーザー計測とは、地上へ向けてレーザーを発射する装置を小型飛行機やヘリコプターに取り付け、その反射波を記録することで地形計測を行う技術です。

空撮は誰でも楽しめる

従来の空撮映像よりも、ダイナミックな映像が楽しめることから人気に火がついたドローン。

様々な技術が集結する航空レーザー計測

地形図を作ることで森林の現況を把握できるようになる、防災マップに役立てることができるなど、立体的な要素を持つ地形図は自然環境や人が生きて行く上で重要な役割があることがわかります。