福島県に残る葬儀の風習について - 福島でも葬儀の傾向が昔とはちがう

福島県に残る葬儀の風習について

subpage01

福島県は古くからひらけた地方で、会津藩や福島藩など地域が細かく区切られていた時代があります。


そのためそれぞれの土地によって葬儀の風習が異なる場合が見られます。


風習が異なる理由として他にあげられるのは福島県の位置も関係しています。

ちょうど関東と東北の間にあるのが福島県なので、そのため関東と東北の風習が混在しているといわれています。
福島県で行われる葬儀において最も特徴的な風習は、納棺のときに見られます。
納棺の際には必ず刃物を入れるというのが葬儀の風習です。
男性の場合は剃刀を、女性の場合ははさみを入れるのが一般的なものです。

この風習の由来はもともと故人の湯かんの際にひげを剃ったり髪の毛を切ったりした名残といわれています。

葬儀の出棺の際には他にも特徴的な風習があります。

それは「仮門」の作成です。

「仮門」とは竹を弓のように曲げて作られる門のことをいいます。

この福島で葬儀関連のノウハウを解説します。

棺はここをくぐって出棺するのが決まりとなっており、この儀式によって死者とこの世の離別を完全に行うという意味があります。



死者が再び戻ることがないように「仮門」をくぐらせたあとは壊してしまうという地域も存在しています。


「仮門」をあの世とこの世のちょうど境目として見立てているのです。都市部以外の地域では「仮門」を燃やす「門火」という儀式も残っています。



火をともすことで故人が道に迷うことなくあの世に行けるようにするという意味がこめられています。このように地域によって異なる習慣がありますので、参列する機会がある際には事前にどういった儀式があるかを確認しておきましょう。