モービルマッピングは幅広いシーンで活躍

モービルマッピングシステム(MMS)は3次元レーザー計測器とデジタルカメラによって、道路などの3次元座標データ等を収集するシステムです。

装置としては車両搭載型となり、連続映像なども撮影可能です。MMSを活用することで、道路の維持管理業務が効率化され、社会インフラのメンテナンスコスト削減につながります。さらにMMSは自動運転に不可欠な、ダイナミックマップの構築に貢献します。MMS開発の歴史は古く、長年にわたり技術検証や精度検証が行われてきました。それらの成果が公共測量に活かされており、さらなる技術の磨きにつながっています。現在はMMS搭載車両も増加しており、様々なシーンで活躍しています。モービルマッピングシステムは、3次元データを低コストで効率的に取得できるのが強みです。

現地作業の時間短縮につながり、道路占用時間も軽減できます。何より正確で精密な地図データが得られるのがメリットです。取得したデータを基にして、道路敷や道路骨格などを高精度の縮尺で地図を作製できます。通常の測量が難しいケースでも、MMSを利用すれば問題なくデータ取得が可能です。道路周辺映像と3次元点群データの解析により、正確な位置情報が割り出せるわけです。こうして取得した情報を活用することで、道路インフラの総合的な維持管理が構築できると言えます。モービルマッピングは道路測量だけでなく、幅広いシーンでの活用が期待されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *