ドクターヘリが使われるケースは意外と多い

急患が発生した時には、救急車を使って病院に搬送をしますが、その地域にある医療機関では治療が行えないと判断した場合にはドクターヘリが出動することとなります。

とりわけ地方の地域などで病院が充実していない場合には、救急要請を受けた後にヘリが着陸できる平地まで救急車を走らせ、その後ドクターヘリに引き渡しを行い、そこから大規模な医療機関まで搬送します。当然のごとくこれらを受け入れる医療機関はヘリポートが備わっており、受け入れるとすぐに手術ができる耐性が整っています。必要に応じてドクターヘリには医師を同乗させる仕組みにもなっていますので、より緊急度の高い患者さんを搬送する場合にも処置を受けながら搬送ができます。

一般的に救急車を要請した段階で個人でヘリを要請することは困難であり、出動するかどうかを決めるのは其の地域の消防機関であったり、受け入れ先の病院の判断で決まります。救急車との連携で人命救助にも役立つ仕組みであり、ドクターヘリはほとんどの自治体で運用が行われています。速度がかなり速く数百キロの移動を行なう際にも短時間での移動ができるので、ヘリコプターを使った搬送によって助かった命も多く、世界的にも活用されているシステムです。運営は地方自治体が行っていますので、通常の救急車の要請でお金が取られないのと同じで、ドクターヘリを使うのに特別な費用が請求されることはありません。このため使用用途は限定されており、本当の緊急事態で使われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *