普及が進むドクターヘリの魅力

普及が進むドクターヘリとは救命医療を行う救急ヘリコプターです。

必要な医薬品や医療機器が揃えられているのですが、出動時には専門医師や看護師がその装備品を使って処置を施します。中山間地や僻地、離島など医療資源が乏しい地域でこのヘリは大活躍します。もちろん災害時もそうです。医療救護活動の充実また傷病者の救命率向上や後遺症軽減のために、このヘリを導入する自治体は増えています。ドクターヘリの最大の魅力は機動力かもしれません。消防から要請を受けて2分程で飛び立つことができます。時速200~250キロで現場に到着できるでしょう。50キロであれば15分で移動できます。救急車の場合は60~90分かかるでしょう。大量出血した傷病者の半数が30分で死亡してしまいます。

ですが、ドクターヘリを出動させればそのうちの多くを助けられるかもしれません。救命救急効果は非常に高いです。受傷から病院で治療が開始されるまで60分経ってしまうと、救命することができる可能性は0に近くなります。ドクターヘリを導入して治療を開始する時間が30分短縮させることの効果は大きいです。ドクターヘリに搭載されている医療機器はどんなものでしょう。ストレッチャーや除細動器、モニターをはじめ、様々な機器が載っています。人工呼吸器や吸引器、超音波画像診断装置も載っていますし、心臓マッサージ装置も搭載されています。酸素流量調整器や酸素ボンベも用意してあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *