ドクターヘリに乗り込むことができるのは

ドクターヘリに乗り込んで救急診療を行うために現場へ向かうことができるのは、一体どんな人々なのでしょうか。

基本的に、ドクターヘリには救急専用の医療機器などが装備されており、そこに乗り込んだ人たちは重症患者が待つ現場へ直行し、そこで病院前救急診療を行うことができます。こうした重大な役割と大きな責任を担っているため、フライトドクターとフライトナースだけが同乗することができるとされています。ドクターヘリに乗って現場で救急診療ができるフライトドクターになりたいと思うなら、専門医として研修を受ける必要があります。そして研修期間中からドクターヘリに乗り、場数をたくさん踏んで経験を重ねていきます。フライトドクターに関しては、公的な免許や資格はなく、行員が認定書を出す仕組みになっています。

フライトドクターと一緒にヘリに同乗できるフライトナースの役割も、非常に重要なものと言われています。機内では、救急隊員から知らされる情報に基づいて現場の状況を考えて診療の準備を行い、到着後は診療の介助や救急隊員との連携、また患者の家族に対する精神的なサポートを行うのも大事な仕事です。このように大変重要な仕事を行うフライトナースになるためには、看護師として十分な実務経験を持つことに加えて、優れたコミュニケーション能力や冷静に判断できる能力、さらには患者やその家族に対する優しい気配りができることなどが必要とされているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *