島国の医療に欠かせないドクターヘリとは

我が国は島国だといわれますが、約6千8百余りの島があり、かっての人が住んだことがある島だけでも3百余りあります。

これらの住民の医療は、連絡船で運搬するなどしていましたが、最近はドクターヘリが医療の重要な役割を果たすようになっているのです。出動要請に基づいていつでも出動できる体制を常に維持できるようになっています。高度医療ができる医療施設併設されていますから、緊急救命に対処できるようになっているのです。要請現場から医療機関に搬入するまで患者に対する救命医療を施すことを使命にして活動を行っています。チーム医療を心掛け命の現場を医師と看護師・運行スタッフなどがぎりぎりのラインで守っています。へき地であるある島の医療は、過疎化とともに担う人が少なくなっているのです。

不安を感じる住民の便りとするのがドクターヘリの存在であり、緊急救命のスタッフの献身的な医療活動になります。北海道のような広域な地域をカバーするためには、ドクターヘリを用いた地域医療の拡充は欠かすことができません。医療現場から救命病院の間を取り持ち救命活動をするのがドクターヘリです。ヘリコプターは地域に降下できるスペースがあればどんな場所にも赴くことができます。患者をチーム医療でそれぞれの役割を果たすことで命を救うことができます。連絡船が渡航する日でなくても、島においてはドクターヘリがあることで緊急事態に即座に対応することができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *