モービルマッピングで交通規制なく調査を

モービルマッピングはGPSやレーザーなどを駆使した専門の機材を積載した車によって、道路のデータを調べたり交差点の交通量の調査を行なうことができます。

通常道路のデータを取得する際には、警察との協議の上交通規制などをしなければなりませんでしたが、車で走行をしているだけで取得が可能なので競技の必要もなくなります。道路や標識に信号などのデータをリアルタイムで取得していき、正確な位置情報を更新しながら移動するので、モービルマッピングによって取得したデータは非常時精度が高く、地図アプリの開発などにも応用できるレベルまで信頼性のあるデータです。モービルマッピングを活用する企業は非常に多くの企業があり、建設業からソフトウェア開発会社に官公庁に至るまで様々です。

取得したいエリアの必要なデータをダイレクトに得ることができますので、道路工事をする時に周辺に障害物があるかどうかを考えたり、現地に行かずに工事の計画を立てることもできますので、その分人件費を削減することが可能です。車は小回りのきく車を使って調査をすることもできますから、モービルマッピングは裏路地の細い道路などのデータも取得はできます。データ計測を行っている企業は多数ありますので、実績などから依頼先を選ぶのが良いでしょう。モービルマッピングならばGPSを使うので日本全国度の地域の道路のデータでもスムーズに取得でき、3D情報を作ることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *