公的にも私的にも使えるモービルマッピング

モービルマッピングは、全長が何十キロメートルにもわたる道路沿いの様子などを効率的に記録できるシステムです。

全方向性カメラやレーザースキャナなどを車に搭載し、走行しながら操作することで道路の表面や周辺の工作物の状況などを映像や3次元の座標データで記録します。得られたデータをコンピュータで加工すれば、現地の様子を正確に再現する映像を作成することができます。3Dデータを取得することで、たとえば道路に凹みがあった場合も、わざわざ車を止めてメジャーなどで測らなくても映像からその凹みの直径や深さなどを知ることが可能になります。モービルマッピングは、行政当局が日常的な道路管理や補修工事の必要性などをチェックする目的でよく使っています。災害後の復旧工事のための参考資料としても使えます。

航空写真も同様の目的に使えますが、モービルマッピングには立体的な把握が可能なこと、トンネル内など上空からは見られない場所もチェックできることなどの利点があります。一方、民間の分野においてもモービルマッピングは活躍しています。土木・建築会社が大規模な開発事業を計画する際に、シミュレーション用のデータとして活用するなどというのがその代表的な例です。他にも、たとえば工場所有者が敷地内に車を走行させ、現状を確認することで整備計画や防犯・防災計画に活用するといった使い方ができます。広大な敷地内を人が歩いて肉眼でチェックするよりも、ずっと効率的に状況把握を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *