モービルマッピングについて

モービルマッピングは、車両搭載型の計測装置です。

この車両には、3次元レーザ計測機とデジタルカメラが搭載されています。これらの機械によって、走行している道路はもちろん道路の周辺の3次元座標データや連続映像を得て正確に位置や姿勢などの情報を提供することが可能です。モービルマッピングは、道路現況調査を行うときに大いに活躍します。メリットとしては、道路や周辺にある地形・建物などの3次元データを高効率でなおかつコストを抑え取得可能なことが大きな利点です。また、自動車を走行しながら計測するため現地作業をする際に道路を占用する時間も減らすこともできます。用途としては、正確な地図の作成のほか道路や電光案内板・標識・電柱・電線などといった道路付属物の維持管理に役立ちます。

道路を走行している時に、道路のひび割れ・わだちなどがある場合に全周囲画像・点群データなどを利用して判別させ、トラブルを未然に防ぐことが可能です。河川の堤防などといった長大なエリアを計測する場合、モービルマッピングであれば簡単です。市街地などでは上空を飛行させにくく、計測する機材が設置しにくい場面もありますがモービルマッピングであれば計測できる可能性があります。さらに応用例として、モービルマッピングによって得られた3次元点群データから任意地点における縦断図・横断図などを作成することも可能です。このように災害や防犯対策など幅広い面で、このシステムの活用が期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *