モービルマッピングの幅広い活用

モービルマッピングは車両搭載のレーザースキャナと、360度全周カメラを使った点群及び画像データ取得の計測システムです。

移動しながらの計測により、広範囲を短時間で効率的に計測できるわけです。当システムでは多様な3次元データの取得方法が組み合わされ、モービルマッピングのメリットが最大限に活用されます。当システムには色々なセンサーが組み込まれており、GNSS(全地球航法衛星システム)なども搭載されます。GNSSで把握できないデータは、車両のタイヤに付けられたエンコーダで処理します。加えてGNSSのデータを演算処理することで、位置精度の向上が図られます。全周画像に関しては、点群データの色情報として利用可能です。モービルマッピングは、堤防などの長大な建造物の点検業務にも利用できます。

3次元データを短時間で効率的に取得できるので、防災の観点からも期待が高まります。当システムには航空宇宙分野で培われたノウハウが活かされており、高精度で安定した計測が実現できます。レーザースキャナや全方位カメラなど、使用環境に応じた機器が用意されています。計測ソフトウェアも操作性が向上しており、画面操作が分かりやすくなるのもメリットです。そのため、専門知識がない初心者でも扱うことが可能になっています。後処理ソフトを使えば、少人数でも簡単に3次元点群をデータ処理できるわけです。こうしたことから、モービルマッピングは路面状態など交通インフラの点検にも活用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *