ドローンの普及で気軽になった空撮のメリット

従来はヘリコプターなどを利用していた空撮ですが、近年はドローンの普及によって非常に気軽に撮影できるようになりました。

このドローンを使用できる事で様々なメリットが増加しましたが、まず挙げられるのが自由度の高い映像が撮影できるようになったという点でしょう。スポーツ会場や企業のパンフレット撮影などでもこの技術は発揮されており、今までは高額な費用がかかっていた空撮費も抑えられるようになりました。例えばヘリコプターやセスナを使用して同様の空撮を行なった場合は、1時間あたりで数十万円も発生する事が珍しくありません。しかしドローンであれば大規模な乗り物なども要らず、機器とオペレーターという非常にコンパクトな人員で撮影できるのがメリットです。

また機種が小型であるためヘリコプターなどでは入れないようなポイントの撮影も可能ですし、高度が低いので映像的に興味深い面白さが表現できる点も見逃せません。そして手配や手続きの面でも比較的気軽で簡単ですので、計画をたてるとすぐに撮影できるという点も特徴です。最近では特にスポーツ中継などの空撮が多く利用されており、従来では中々表現できなかった映像が提供できるようになりました。スタジアムの臨場感や会場の客席の迫力を感じられますし、近年のテレビの高画像化にもマッチするのが特徴となっています。ドローンの操作は高度な技術が必要にもなりますので、専門的な会社に依頼する事でクオリティの高い空撮映像が完成するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *