MMSとSSNの違いについて

MMSはマルチメディアメッセージングサービスを意味にする略語、SMSと同じく携帯電話の中で活用することができるサービスの一つです。

SMSは携帯電話番号を利用したメールのやり取りが可能なサービスで、2019年9月10日からは一部の携帯キャリアでの利用においては全角670文字まで対応が可能になったといいます。一般的には文字数に制限がある(全角70文字まで)、画像などの添付ができない、通常のメールのような件名を追加しての送受信ができないなどの制限があります。MMSは携帯キャリア独自のメールアドレス(例えば、12345@softbank.ne.jpなど)を使用して送受信ができるサービスで、件名を付与することはもちろんのこと、添付ファイルの利用もできるなどの違いを持ちます。

MMSの特徴からわかるように、通常のメールと同じような感覚で利用することができるわけですが、格安SIM事業者の多くがMMSを提供していないため、同じキャリアのメールアドレスを使わないとサービスの利用ができないなどのデメリットはあります。最近はGメールやヤフーなどのメールサービスのようなフリーメールもあるので、MMSのサービスを利用することなくやり取りができますし、チャットのような感覚でできるLINEなどもあるため、こちらに乗り換えるなどの方法もあるわけです。ちなみに、当サービスはデータ通信料は必要になるもの定額プランであれば使い放題です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *