MMSがメンテナンスに有効な理由

MMSを使うと簡単にメンテナンス計画が立案できると言われています。

それはどのような理由からでしょうか。従来は人が確認に行って、目視確認を行ったり、苦情によって判断することがほとんどでした。それと何か違うところがあるのでしょうか。MMSは、レーザー測量と全方位カメラによって情報を取得します。それらがGPSの位置データによって記録されるので、後の処理でつなぎ合わせたり画像処理することで三次元の情報に変換可能です。特にレーザーによる測量は、精度が高いので、数値的な比較に向いています。変異だけを確認することも可能になります。メンテナンス計画は、どれだけの緊急性があるかを鑑みて立案する必要があります。そのために現地に赴き、写真などを撮影して、根拠を集めます。多くの場所で補修が必要となると、その度に担当者が行かなければいけません。

移動が困難なところにおいては、なかなかいけないケースもあります。MMSで取得した情報を使えば、現地に行かなくてもどのくらいの変異があったのか、どのような状況になっているのかが確認できます。このように現地の状況を直接行かない状態で確認することができる点、数値によって変異が示せる点から、根拠となる資料がすぐに揃います。それを使って計画を立案すれば、必要なメンテナンスを適切な時期に実施することができます。担当者の負担も軽減されるので、他の業務への集中ができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *