特定の敷地内で使用するMMS

MMSは車などに搭載した全方位カメラやレーザー測量機、GPS受信機などで走行した周辺の空間情報を取得するシステムです。

主に道路での使用が多くみられますが、それだけに止まりません。特定の敷地内での監視や調査にも利用可能で、いろいろな適用が期待されています。例えば工場敷地内の監視や調査への利用です。工場は大きな敷地にたくさんの施設が建設されています。それぞれが配管でつながっていることもあり、設備の管理が重要です。特に自然環境の悪化によって、トラブルになることもあります。そのような時にMMSで敷地内の情報を取得すると、簡単に変化を解析できます。通常時の情報を管理しておき、その後の走行によって取得した情報を比較することで変化を数値で確認できます。担当者が目視で実施するよりも確実で、見落としがないので安心です。時間も短縮できるので迅速な対応が可能になります。

MMSなら森林の状況も把握することができます。知りたい範囲で情報を取得し、その変化を調査する方法です。樹木の成長が確認できるので、必要な措置をタイムリーに実施することができます。望まない方向に成長して、他に影響しそうな樹木に対して、早めに伐採するようなことも可能です。時間経過の変化部分だけを確認すれば、それほど大きなデータにはなりません。経験則で実施していたことが数値として確認できるので、実績のない担当者でも判断することができます。また、蓄積したデータから予想を立てることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *