航空レーザー計測は効率的に地形図を測定できます

航空レーザー計測は効率的に地形図を作成することができる方法として知られています。

その基本的な原理はレーザー光線の直進性を利用したもので、障害物に当たると跳ね返ってくるためその時間を測定して障害物までの長さに換算することで正確な長さを得ることができる点にあります。従来の地形図の測定方法は、航空写真と現地の測量による測定が不可欠でした。航空写真で大まかな地形の状況を確認し、その上で詳細な距離の測定や高さの測定は現地で実際に測定器を用いて行うのが一般的であり、これらの情報を総合して地形を確定するのが主な手法であったため、その作成には多くの時間がかかることになります。

最短でも1年程度かかるのは当たり前であり、場合によっては数年ほどかかってしまうために、出来上がった地形図が現場のものとは異なってしまうと言うことも少なくありませんでした。航空レーザー計測は複雑な地形の測定も迅速に行うことができるため、非常に短い期間で詳細な地形図を作成することができます。

その効果は近年のカーナビなどに顕著に表れており、新たな道路や建物などができるとその情報がすぐに反映されることになるため、非常に利便性が高くなっているのが特徴です。従来のカーナビでは地図データを媒体で配布することが多かったのですが、航空レーザー計測の普及により迅速にデータを作成することができるため、これを迅速に利用者に配布するために無線によるデータの配布なども行われるようになっており、その恩恵は非常に大きなものとなっているのが実態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *