航空レーザー計測のメリットとは何か

航空レーザー計測は、航空機から地表に向かって照射されるレーザー光線の反射を利用してその地形を知ることができる非常に画期的な方法です。

従来は地形を知る際に航空写真などを利用することも多かったのですが、航空写真の場合には上空から見た場合の地形の凹凸は把握することができても、その具体的な高さなどを知る事は非常に困難な面がありました。そのためあくまでも概要を知るためのデータにしかならず、具体的な高さなどを知るためには現場での調査が必要となるため、これが地形図を作成する際の障壁と考えられることが多いものでした。

しかし、航空レーザー計測では照射した光線の反射時間を測定するために、具体的な高さの数値を得ることができるようになっているのがポイントです。一般的にレーザー光線はピンポイントで対象に対して照射をし、その反射を測定することで距離を推測する方法となっていますが、航空レーザー計測では線ではなく面で照射する点にポイントがあります。

これは地表の状態によって正確に反射を測定することができない可能性があるほか、状態によっては様々な場所に反射を繰り返して非常に大きなタイムラグを生じてしまうこともあるため、広い範囲に同時に照射することによりその平均的な情報を確認するためです。一般的な航空レーザー計測では、これに加えて航空写真を撮影することでその双方を照らし合わせながら詳細なデータを把握するものとなっています。これらの高度な技術を併用することにより、航空レーザー計測では短時間で詳細な地形のデータを得ることができることがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *