空撮は誰でも楽しめる

従来の空撮映像よりも、ダイナミックな映像が楽しめることから人気に火がついたドローン。

現在はさまざまな機種が用意され、機能も複数搭載されている製品が当たり前となりました。マルチコプター型や固定翼型の他にも、4枚羽のクワッドや6枚羽のヘキサ、8枚羽のオクトまで幅広く用意されています。ドローンは重量が重い場合は大型の危機が必要となります。そのため羽根の数も増える傾向にあるのです。これらに加えてGPS機能やジャイロ機能、高度センサーや自律飛行などの機能が搭載されているものも、珍しくありません。

空撮のレベルもハイレベルなものとなりますが、それらの飛行技術を競うドローンの大会も存在するほどです。日常の趣味のひとつとして、すでに空撮は十分に浸透しています。空撮でドローンを使用することは、従来の撮影方法よりもメリットがたくさんあります。まず、操作が非常に簡単になりました。しかも被写体にはかなり近くまで接近が出来ますし、狭い場所も入り込むことが出来ます。様々な角度やアングルからの撮影も可能となり、しかもブレがありません。

ブレがないのには、秘密があります。ドローンにはジンバルという防振装置が搭載されているので、振動が抑えられているのです。さらにドローンは高性能でありながらも持ち運びやセッティングが非常に手軽に行うことが出来ます。バッテリーの準備を忘れず、強風や悪天候のときに飛ばさないようにすれば、長く楽しむことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *