ドローン空撮は映像制作などで活躍中です

ドローンを活用した空撮が始まっています。

テレビの街歩き系番組でも、ドローン空撮の映像はよく使われています。手軽に周辺一帯の景色を広く撮影出来るのが、空撮のメリットです。小型で軽量なドローンであれば、様々なシチュエーションで手軽に使えます。大掛かりな設備が不要なので、自然豊かな郊外の地域でも大丈夫です。また専門のオペレーションと撮影スタッフが数人いれば、高品質な空撮映像が得られるので、他の方法よりもコストパフォーマンスが優れています。

今までは物理的に、もしくは予算的に俯瞰の映像や写真が撮影出来なかった場所も、ドローンの普及によって、撮影可能となりました。自由自在に空中を飛び回れるのも、大きな特徴です。被写体に対して自由に距離を取る事ができ、接写で迫りダイナミックな映像を記録したり、反対に特定の物や人ではなく景色全体をカメラに収める事も容易です。飛行しながらカメラの眼の向きや角度を細かく調整出来るのも、ドローンの利点であり、撮影者が本当に撮影したい様子を確実に保存できます。

ドローンは映像制作の現場だけではなく、近頃は研究や災害対策といった目的でも活用が進められています。人が立ち入りにくい危険な山岳地帯や落下の恐れがある崖なども、ドローン空撮なら安全に地形調査が可能です。さらに災害対策を担う自治体の部署や民間企業の中でも、ドローン活用は活発化しており、予め普段から危険な河川や山、谷の様子を広く調べておけば、自然災害のリスクを上手くマネジメント出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *