空撮を楽しむ際に心がけたいこと

空撮は誰でも楽しむことが出来る、趣味のひとつとして浸透しています。

まだ実際のドローンに触れたことのない人なら、「空撮は資格が必要なのでは」と考える可能性もあるでしょう。実は、空撮を行う際に資格や免許は一切必要ありません。必要となるのは、申請のみです。それも、ドローン全体の質量が200グラム以下であれば申請の必要はないのです。資格が必要と思われやすいのは、こうした理解の行き違いが原因と考えられます。航空法によって定められているドローンの飛行許可は、オンラインでも申請が可能です。しかも「空港周辺」や「150メートル以上の上空」「人家の密集地域」である場合に必要となります。

やり方もWEBページに掲載されており、わかりやすいものです。オンライン申請が可能となったのは、2018年からです。それまでは窓口にまで直接持ち込むなどの手間が必要でした。申請が楽になったことにより、現在では空撮を楽しむ一般人が増えています。空撮を行い映像を楽しむという趣味から、ドローンを飛行させその技術を競うものなど、さまざまです。

ドローンは年々、高性能のものがリリースされています。趣味として楽しむのであれば、自分の目的がどこにあるのかを決めておく必要があります。カメラ性能が良いものや、飛行技術が優れているものなど、多数の機材がありますから最適な機種を選べるように比較・検討を重ねるべきです。また、最初にうちは操縦に不慣れなこともありますので、予備アイテムや防護枠などを用意しておくと役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *