地域に関係づけられた空間情報

位置情報に基づいた情報は、場所を特定させることで情報価値が高まります。

地域・空間に関係づけられた情報とは、地図を使うことで様々な業務のオペレーションを革新していくことが出来るのです。地理情報システムは、位置に関する空間情報を持ったデータとして活用していくことができます。地域を位置情報に関連付けて実際に使えるサービスが存在するということです。観光案内を地図上に表示していくだけでも、空間情報を活用することにつながります。

具体的に説明すると、日常生活の中で無数に存在する状況を撮影した写真が、意識していなくてもどこで撮影したのかが分かれば地理空間情報になるということです。近所で撮影した写真に中華飲食店の看板が入っていれば、場所を特定することで、その地域にある飲食店情報でのまとめに役立ちます。空間情報を地図上で展開するだけで、その地域の情報発信できるデータがまとめることができます。

地域・空間ベースでの位置情報に関連付けたデータを処理していけば思わぬビジネスに発展することもありますし、その情報自体を活用することが出来るのです。位置と関連付けた空間情報を総合的に管理し活用することによって、地域の防災や防災上危険な地域を特定することも可能になり早期な対策ができます。多くの場合に都市計画を策定したり固定資産の調査に活用してきたデータを民間レベルで検討し、開発行為にデータを活用してより地域に密着した情報に活用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *