空と地上での技術を集結した航空レーザー計測

航空機から地上めがけてレーザー光線を照射すると、地表面でレーザー光線は反射して再び航空機に戻る、これは航空レーザー計測の基本となる原理です。

高度を計測するのが航空レーザー計測で、地形図と呼ぶ図面を製作する際に活用されています。航空機の種類としては、ヘリコプターやセスナ機が使われることが多いのですが、最近ではドローンを使った計測も行われるようになりました。ドローンは主に空撮などで活用される無人の航空機の一種で、テレビなどで紹介される自然を題材にした番組などで活用されています。人が入ることができない場所を空中から撮影ができる、今まで見たことがない景色などを捉えることができるメリットを持ちます。

航空レーザー計測は、航空機で地表面と航空機の高度を計測する工程だけでなく、集めた情報を3次元データにして地形図をつくる、いわゆる空と地上での技術を集結した計測手法といえましょう。レーザー光線が地表面で反射するものの、木などがある場所では地上に光線が到達せずに木の上で反射してしまうため補正が欠かせません。

この補正においても空の上ではなく地上で行う作業、都心部などでは高層ビルが多くあるので補正作業も増えるといいます。森林地帯の調査でも航空レーザー計測が使われることが多い、ヘリコプターなどを使い計測することもありますし、場所によってはドローンを利用して航空レーザー計測を行うことも多いようです。なお、ドローンは地上で遠隔操作を行う無人航空機でもあり、操縦においても空と地上の技術が関与していることがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *