3つの技術の合体が特徴の航空レーザー計測について

航空レーザー計測は、レーザー測距・GNSS・IMU、3つの技術の合体で得ることができるといいます。

レーザー測距は装置の総称で、レーザー光線を発射して地表で反射、それが航空機に戻る時間を計測するための技術です。レーザー光線を発射してから再び戻るまでの時間は地表面の高さに等しいもの、これをスキャンさせながら作業を進める形になるので地形図の製作には欠かせない存在です。GNSSは受信機の一つで、航空機の位置を知るために欠かせないものです。

航空機は常に高速移動を行っているためレーザー発射時と戻って来たときの位置が変化する、GNSS受信機を使うことで地上での計測同じ高精度な位置測定が可能になります。IMUは慣性計測装置と呼ばれているもので、ジャイロを改良して作り出された装置です。航空機の傾きや加速度を計測して、測定値に対してレーザー光線の発射する方向を正しく補正するために欠かせません。

これら3つの技術を使うことで、地表に達したレーザー光線の位置(X軸およびY軸)、高さ(Z軸)をとらえることができる、3つの軸で得たデータは3次元データになるなどの特徴を持ちます。ちなみに、航空レーザー計測では高さは1cm単位で記録が行われるのですが、高さの精度は±15cmといわれています。水平方向の位置精度は高さの精度と比べると劣るものの、航空レーザー計測では1m程度の誤差などからも高い精度での計測ができることがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *