様々な技術が集結する航空レーザー計測

地形図を作ることで森林の現況を把握できるようになる、防災マップに役立てることができるなど、立体的な要素を持つ地形図は自然環境や人が生きて行く上で重要な役割があることがわかります。

地形図を製作する際に利用されるのが航空レーザー計測ですが、これは上空からレーザー光線を照射、地表面で反射して戻るレーザーの性質を使い高さを割り出し、3次元データを得られるメリットがある手法です。航空レーザー計測技術は、高度1、000~2、000メートルの高さからレーザー光線を照射する、航空機の位置情報や傾きなどを保持して、反射して戻る時間を計測するなどの流れになるものです。

利用する航空機はヘリコプターやセスナ機などが一般的ですが、中にはドローンを使った航空レーザー計測もあるといわれており、航空機の場合には操縦士が必要になるもののドローンではそれがない、地上での操作を行うことで実現するやり方です。尚、航空レーザー計測を手掛ける企業の中には、計測だけを自社で行うなど複数の専門企業が協力し合いながら地形図を製作するケースも少なくありません。

計測データは3次元加工やデータに含まれる余分な情報を取り除くなどの作業も必要で、経験やノウハウを持つ専門企業が担当することも多いようです。一見、すべての工程を1社で行っているイメージもあるかと思われますが、数社がパートナーとなりながら計測および地形図製作に携わることも多いのも航空レーザー計測の特徴といえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *