航空機を撮影するのに適しているカメラとは

写真を趣味としている方の中で、航空機を撮影する場合には、通常のカメラではなかなか思いどおりの一枚を撮れないというケースも有りますが、その場合には機能を重視して航空機撮影のカメラを選ぶことで、満足のいく一枚が撮れます。

撮る時に航空機が空を飛んでいる瞬間を撮りたいのか、あるいは止まっている時に撮りたいのかによって選ぶべきものも違い、まず飛んでいる瞬間を撮る場合には、高速で動く被写体でもピントを合わせられるようなものを選ぶと良いでしょう。これらは一眼レフでもコンデジでも存在しますが、センサーが高性能ですから、それなりの値段がしますが、これらのカメラで撮影した写真はしっかりと飛んでいる状態でもピントがあっており、鮮明に撮れますので満足できます。

次にそこまでスピードが出ていない飛行機や駐機場などにとまっている航空機を撮影する時には、遠いところから撮らなければなりませんので、カメラは高倍率のズーム機能がついているものを選びましょう。一眼レフなら高倍率のレンズを購入するだけで大丈夫ですが、コンデジの場合には新たに書い直す必要があります。30倍以上のズーム機能が有ればどんなに遠くにある飛行機でも鮮明に写せますから、出来る限り30倍のものを選ぶと良いでしょう。航空機の撮影は特別な機能がないカメラでも撮ることは可能ですが、鮮明に満足の行くクオリティで撮りたいのならば、ズーム機能やセンサーにこだわった機種を導入することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *