航空機の撮影に適したカメラは?

空港を飛び立つ飛行機や着陸しようとする旅客機、あるいは大空を直進する戦闘機など、航空機を被写体とした写真撮影を趣味とする人が増えています。

航空機には数百人乗りの大型機から、数人しか乗れない小型機まで千差万別でそれぞれに被写体としての魅力があります。どのようなカメラで、どのように撮ればいいのでしょう。航空機はスピード感が一番の魅力です。そのスピード感を写真の上であらわすのに必要なのはAF精度と連写性能です。AF精度というのは、オートフォーカス性能、すなわち自動でピントを合わせる能力のことです。

撮影の環境によりますが、時速数百キロで動く機体に素早くピントを合わせられなければ、すべてピンボケ写真になってしまいます。連写性能も重要です。カメラによって1秒間に3回しか連写できないものから10回以上できるものまでいろいろあります。1回のシャッターでピントからアングル、光の具合まですべて満足できる写真を撮る自信があるなら必要ない機能ですが、そうでないならある程度見込んだ範囲で連写撮影して、その中からベストアングルを探すほうがいいでしょう。

AF精度と連写性能を基準にカメラを選んだら、あとはレンズの問題になります。当面はキットとしてついてくるレンズで用が足りると思いますが、もっといい写真を撮りたい、という希望が膨らんでくると、それでは物足りなくなるはずです。そうしたら、もっと長い望遠レンズをつけて、本格的な航空機撮影に挑戦してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *