様々なところで活用されている空間情報

地球上で特定の空間をピックアップした場合、それは地面や建物などを含んだそこにしかない情報で満たされています。

その情報を空間情報と呼び、地理的な役割と組み合わせて使用されることが多いので、専ら地理空間情報として扱われます。特に映像や地図情報に限った話ではなく、その場所と空間固有のものであれば地理空間情報となります。そのため小さな手がかりを統計学的にかき集めて、ひとつのデータにされる場合もあります。そんな空間情報は様々な方法で取得されます。最も定番なのがGPSの使用で、人工衛星から俯瞰で捉えた情報が元になっています。

そして地図と何らかのデータを組み合わせた地理情報をGISと呼び、現代では様々な場面で活用できます。組み合わせるデータの種類は非常に豊富なので、それを付加価値としてビジネスにしたり、より効率的に利益を出せるようにマーケティングに活かすなど、様々な企業が取り入れています。一般の人に身近なのはカーナビが挙げられ、GPSの地図と組み合わせて使用する代表例です。

カーナビには目的をジャンルや役割で指定する機能を持っているものがほとんどですが、それは空間情報が使われています。またインターネット上の地図で、特定の場所へ実際に訪れているような感覚を味わえるものがありますが、それも専用の自動車とカメラを使って撮影した写真情報が元です。意識しないだけで至るところにある技術で、陰ながら快適な生活をサポートしています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *