空間情報を作成する際のポイント

空間情報は位置情報に様々なその場所の情報を付加したものとなっています。

その情報は様々なものがあり、例えば生活に役立つ情報や色や形の情報など、非常に範囲が広いためこれらが混在すると混乱の元となってしまうことが少なくありません。近年ではナビゲーションシステムが非常に進化しており、さまざまな情報を表示することができるようになっていますが、明確な分類をせずにこれらのものを表示すると利用者の混乱を招いてしまうことになるのでその取り扱いには十分に注意をすることが必要となります。

空間情報は非常にその定義が難しく、曖昧な面があるため取り扱いには注意をしなければなりません。近年の測量方法ではこの空間情報を積極的に取得し、リアルタイムでシステムなどに表示することも多くなっていますが、迅速性を重視するあまりにその分類を明確にせずに行ってしまうことが多いため、システムの趣旨とは関連性のない情報が与えられてしまうことも多いのです。

現代では情報の豊富さが重要なものと考えられている風潮がありますが、これでは情報過多となってしまう現象が発生し、利用者が混乱してしまうことが多いため十分な配慮が必要です。空間情報は一見豊富な内容を含んでいるため利用価値が高いと考えられがちですが、あくまでもビックデータの1種であるためその取り扱い方法を明確に規定して取り扱うことが重要です。そのため、システムの方向性やその内容に十分に注意をし、これに合うような分類を施すことが効果的な利用を促す方法となるのです、

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *