地理空間情報が変える社会インフラシステム

地理空間情報(ちりくうかんじょうほう)とは、日本で平成十九年の八月に施行された法律です。

地理・空間に関係づけられている情報のことを指しており、「地理情報」や「空間情報」もほぼ同じ意味を持っています。空間上にある特定の地点や区域の位置を示す情報、または上記の情報に関連付けられる情報から示せる情報のことです。この地理空間情報のシステムを有効的に行えば、私たちが使う社会インフラを支える大きな役割をこなすことが可能です。活用事例には、道路管理センターでサービス提供をしている、道路管理システムの取り組みの中にあります。

道路管理システムは、とても高度な地図基盤上に電力・通信・ガス・上下水道などの、公益事業者が取り扱う専門的な設備の情報管理を行い、工事する際の調整などを行政サービスで実現することです。このシステムは、より高度に管理されている地理空間情報のもとで、道路占用許可申請業務全体のペーパーレス化を実現することに成功し、道路管理者と占用事業者どちらの業務に対しても、高度化と効率化に大きく貢献しています。

また、高精度な地図をもとに管理された設備情報は、もし大規模な災害が発生したときでも、情報面から復旧のサポートを早急に行うことが可能となります。現在この地理空間情報を取り巻くビジネス環境は、年々大きく進展し変化を遂げてきています。設備管理やマーケティングなど専門的な活用が中心であったものが、通常の業務や私たちの生活面でも使えるようになってきたからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *