レーザー脱毛とはどんなもの?

レーザー脱毛とは、医師免許のあるクリニックや皮膚科などの医療機関で行なえる医療レーザーを用いた永久脱毛と呼べる脱毛方法です。

従来ほくろやあざなどの治療に使用していたレーザーの特定の色や物質に作用する性質を利用し、皮下の毛の黒いメラニン色素をターゲットにし、単一の波長によりターゲットのみに作用し、熱を吸収し毛を伝導体として熱を周囲に広げ毛母細胞を破壊することによって、毛の再生を抑える方法です。黒い色に反応するため、身体のどこの部分にも使用できるわけでなく、色素沈着の濃い部分には適していません。そのため、濃いシミやあざなどがある場合には照射が出来ない場合もあります。

このレーザーの特性として、黒くて太い毛に対しては高い効果が得られるので、顔や手の甲などのメラニン色素の少ないうぶ毛には、毛根を破壊する熱をためることができないので、あまり効果が期待できない部位といえますが、医療機関で使用している器械の種類や使用方法によっては、同様の効果が期待できます。

また、レーザー脱毛の際に、薄いシミやあざ、そばかすなどもレーザーの照射により綺麗になることもあり、このレーザーを使用し、美白や美肌効果を目的にしているクリニックなどもあります。いずれにせよ、医療レーザー脱毛の施術を受ける前には、クリニックの医師などに相談し、永久脱毛に対する正しい知識とレーザー脱毛についてをよく理解をしたうえで施術を受けることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *